カテゴリー変更中。ゴチャゴチャしています。すみません(;´・ω・)

ガス式なら準備も片づけも楽ちん♪おすすめバーベキューコンロ4選!

こんにちは、aioです!

我が家で愛用している
コールマンの「ロードトリップグリル」

何度が使ってみて
「やっぱりガス式って楽ちんだなー」
「買って良かったなー」
と改めて感じました。

そこで、他にガス式のバーベキューコンロって
どんなのがあるのか気になったので調べてみる事に。

ロードトリップグリルのレビュー記事は
結構アクセス数が多いんですよね。

なのでみんな気になるんじゃないかな?と
思います(*´ω`*)

沢山ガス式のコンロがある中で、
特に下の2点を重視して選んでみました!

  • デザイン
  • スタンドタイプ

ガス式と炭火の違いは?

まずは、基本的なガス式と炭火式の違いについて
さらっと説明しておきます。

まずはガス式ですが、
ガス式は「ガスボンベ」を使います。
セットしてボタンを押すだけです。

炭火は「炭」を使いますので、
当然火おこしをする必要があります。

コスト的には「炭」の方がお安く手に入ります。
が、火おこしと片づけを考えるとかなりの手間がかかるのが炭です。

「気軽に」「ちょっとだけ」「たまに」
と考えている方には敷居が高いかも知れませんねー。

ガス式をおすすめしたいのはこんな人

ガス式のいいとろが、なんといっても「手軽さ」です!
これにつきます(*´ω`*)

ガス缶をセットしてボタンを押すだけで焼けるので、
思いつきでもサクッと始められますよ。

手軽にBBQを始めたい人

片づけは短時間ですませたい人

年に数回しか使わない人

我が家のような、夏に1~2回の頻度でBBQを楽しむ家族には
ガス式がぴったりでした♪

しかも片づけが簡単!
私が使った皿や調味料などを片づけ、洗っている間に
旦那が鉄板と受け皿を洗います。

15分位でちゃちゃっと終わるので
ほんと助かります!

おすすめガス式バーベキューコンロはこれ!

今回は、スタンドタイプのバーベキューコンロを集めてみました!
炭火まで本格的ではないけど、スタンドタイプを選ぶだけで
ぐっとBBQっぽくなりますよ♪

ランニングコストも重要なので、
使用ガスボンベの10gあたりの単価も計算してみました。
(※値段は常に変化していると思うので参考程度にご覧ください)

記載のない値段は全て、2022/10現在のものです。

コールマン ロートドリップグリル「LXE-JⅡ」

▲Amazonが一番安くて、32,080円で購入出来ます。(2022/9/25現在)
しかもAmazon限定色の「ブラック/グレー」もあるので赤はちょっと・・・という方は是非Amazonおすすめです。

▲使用カートリッジ。470g 最安値880円(10g@18.7円)

商品の詳細

値段 30,980円~(2022/9/25 価格ドットコム調べ)
サイズ 5~6人用
(使用時/約)118×46×112.5(h)cm
(収納時/約)98×46×31(h)cm
重さ 約18kg
最大火力 約5000kcal/h(約2500kcal/h×2本)(スーパーガス最大出力時)
燃焼時間 約2~4時間(470g缶×2本使用時)
燃料タイプ LPガス
バーナー数 2バーナー
電池 9V乾電池 1本
対応プレート 鉄板・網焼き・ごとく

メリット・デメリット

◎サイドテーブル、ものがかけれるフック付。
◎蓋つきなので蒸し料理ができる。
◎対応プレートがいろいろあるので1台で色々な料理ができる。

✕電池が非常に取り出しにくい。
✕重いのでタイヤが付いていても長い距離の移動はきつい。
✕大きいので収納に場所をとる

おすすめしたい人

庭で気軽にBBQをしたい人!

ピザなどの蒸し調理をしたい人!

aio

ロードトリップグリルはなんといってもこのアメリカンデザインに一目ぼれする人は多いと思います!私もそのひとりw

実際使ったレビュー記事はこちらです。
困った事など対処法も含め、せきららにレビューしています。

コストコで購入した『コールマン ロードトリップグリル LEX-J』のレビュー記事。


イワタニ グリルスターⅡ「 CB-SBG-2」

▲相場は38,000円~。値段だけならAmazonが安いけど、ポイントを考えると楽天・ヤフーの方がお得かも!

▲使用ガスボンベ。250g 3本入最安値648円(10g@8.64円)

商品の詳細

値段 37,900円~(2022/9/25 価格ドットコム調べ)
サイズ 幅816×奥行519×高さ1072mm
重さ 約13kg
最大火力 3.3kW×2(2,800kcal/h×2)(スーパーガス最大出力時)
燃焼時間 約70分(よくみるイワタニのオレンジのガス缶250g1本分)
燃料タイプ イワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド
バーナー数 2バーナー
対応プレート 網焼き・焼肉・鉄板焼き・たこ焼き・マルチプレート

メリット・デメリット

◎1台で2役の使い方ができる(スタンドor卓上コンロ)
◎安全装置搭載
◎対応プレートが多彩
◎メジャーなのでガスカートリッジが購入しやすい

✕焼き面が小さい。プレート2枚(独立)なので大きいものが焼けない可能性あり。
✕コンロ用スタンドがコンロなしでは自立出来ない
△蒸し調理ができない
△色の好みが分かれるかも?

おすすめしたい人

卓上コンロとしても使いたい人!

普段からイワタニのコンロを使っている人!

aio

卓上でもスタンドでも使える2Wayはポイント高いですね!そして、なんといっても安心の「イワタニ」ブランド♪


ニチネン QUICKLY(クイックリー)Ⅱ 「CBS-333」

▲26,200円~(2022/9/29 価格ドットコム調べ)

▲使用ガスボンベ。マイ・ボンベL  250g 3本入最安値345円(10g@4.6円)

▲使用ガスボンベ。マイ・ボンベα  250g 3本入最安値495円(10g@6.6円)

商品の詳細

値段 26,200円~(2022/9/29 価格ドットコム調べ)
サイズ (使用時)988mm×445mm×737mm
(折畳時)952mm×445mm×323mm
重さ 約‎11 kg
最大火力 2.4kw(2,100kcal/h)
燃焼時間 約80分 ※「マイボンベL・α」使用時。(どちらも250ml)
燃料タイプ ブタンガス
バーナー数 1バーナー
電池 単3電池 1本
対応プレート

メリット・デメリット

◎サイドテーブル付
◎蓋を使って蒸し焼きもできる
◎火力強い

✕対応プレートがない
✕焼面は少し狭い
✕部品が多いので洗うところ多い
✕固定金具が貧弱

おすすめしたい人

初心者キャンパー!値段が低価格なので始めての1台にはおすすめ!

aio

メリット・デメリットは、口コミから抜粋してます。風に弱いという口コミがちらほらありましたが評価は高いです!


Weber(ウェーバー)Qシリーズ

アメリカでシェア60%を誇るBBQグリル!
最大の特徴は「蓋」。

▲相場価格:約50,000円~。

▲スタンド「6557」は別売り。相場価格:約14,000円~。

▲ 使用ガスボンベ。470g。最安値1,190円(10g@25.3円)

Weber Qシリーズ

Qシリーズ(Qグリル)は全部で4種類ありますが、
ガス缶が使えるのか「1250」になります!

他のシリーズは、プロパンのガスボンベを用意する必要があります。
なので「手軽さ」を考えると、1250がベストかなと思います(*´ω`*)

商品の詳細

値段 【Q1250】45,001円~
【スタンド6557】13,990~2022/9/29
※2022/9/29 価格ドットコム調べ
サイズ 4~6人用
‎39.4cm 高さ x 103.9cm 幅 x 42cm 奥行
重さ 約14kg
最大火力 8,500 BTU/時→(2141kcal/h)多分…
燃焼時間 5時間高温キープ(Q1250専用ガス缶1本使用時)
燃料タイプ 液化石油ガス(別売り使い捨てカートリッジ)
バーナー数 1バーナー
対応プレート Qグリドル(鉄板)、ラック(小)シールド(小)

メリット・デメリット

◎蓋つきで蒸し焼き調理が可能!
◎水を入れる皿(ドリップパン)も使い捨てなので捨てるだけ!
◎網もホーロー加工の鋳鉄製の為、片づけは炭化させクレーパーで擦るだけ!
◎サイドテーブル付!

✕価格が高い
✕サイズが大きい、形がいびつな為持ち運びには不向き
✕対応プレートはあまり多くない
✕ランニングコスト(ガスボンベ)が高い

おすすめしたい人

本場(アメリカ)式のBBQをしたい方

庭で気軽にBBQをしたい人!

ピザなどの蒸し調理をしたい人!

aio

イメージは、コールマンの「ロードトリップグリル」に一番近いですね!

ガス式バーベキューコンロ まとめ

いかがでしたでしょうか?

ガス式、スタンドタイプ限定でのバーベキューコンロを集めてみました。
思ったより少なく、4種類のご紹介となりました。

それぞれの特徴があるので、
家族構成や使用頻度・目的にあったものを選んでくださいね。

焼き面が大きいランキング

1位 コールマン ロートドリップグリル「LXE-JⅡ」 67㎝×34㎝(楕円形)2枚部プレート並列
2位 ニチネン QUICKLY(クイックリー)Ⅱ 「CBS-333」 49㎝×31㎝(長方形)2枚プレート?並列
3位 イワタニ グリルスターⅡ「 CB-SBG-2」 29㎝×27㎝ 2枚 独立型
4位 Weber(ウェーバー)Qシリーズ 43㎝×32㎝(楕円)2枚部プレート並列

←ケータイの方はスライドして下さい。

トータルの焼き面が大きい順でランキングしています。

3位のイワタニ グリルスターⅡ「 CB-SBG-2」は
2枚のプレートがそれぞれ独立(くっついてない)ので、
大きい肉などを焼くときは注意が必要です💦

本体価格が安いランキング

1位 ニチネン QUICKLY(クイックリー)Ⅱ 「CBS-333」 26,200円~(2022/9/29 価格ドットコム調べ)
2位 イワタニ グリルスターⅡ「 CB-SBG-2」 相場は38,000円~
3位 コールマン ロートドリップグリル「LXE-JⅡ」 Amazon 32,080円(2022/9/25現在)
4位 Weber(ウェーバー)Qシリーズ 相場価格:約50,000円~

ポイントなどを考えると、また変わってくるのでご自身でチェックしてみくださいね。

ランニングコスト(ガスカートリッジ)が安いランキング

1位 ニチネン QUICKLY(クイックリー)Ⅱ 「CBS-333」 マイ・ボンベL  250g 3本入最安値345円(10g@4.6円)
マイ・ボンベα  250g 3本入最安値495円(10g@6.6円)
2位 イワタニ グリルスターⅡ「 CB-SBG-2」 250g 3本入最安値648円(10g@8.64円)
3位 コールマン ロートドリップグリル「LXE-JⅡ」 470g 最安値880円(10g@18.7円)
4位 Weber(ウェーバー)Qシリーズ 470g。最安値1,190円(10g@25.3円)

やっぱりランニングコストは重要ですよね。
私はそんなの気にしないで「ロードトリップグリル」を購入したので、
この結果をみてビックリですw

そして、以前より値段が上がってきています(;´・ω・)

今後もっと上がる可能性があるので
選ぶうえでランニングコストも大事な選択肢でになるはずです。
是非参考にしてみてくださいね!

お役に立てれば嬉しいです。
最後までお読み頂きありがとうございました<(_ _*)>

実際使ったレビュー記事はこちらです。
困った事など対処法も含め、せきららにレビューしています。

コストコで購入した『コールマン ロードトリップグリル LEX-J』のレビュー記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください