ブリコラージュホームへようこそ。マイホームを自分らしくDIYする方法を発信中!

寸切りボルト(長ネジ・全ネジ)を使ったインダストリアルな棚をDIY!

寸切りボルトを使った棚の作り方

こんにちは、aioです。

急なコロナ休みで、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
毎日の夕飯準備に加え、昼ごはんの準備とクタクタです(。-∀-)
なんとか、乗り切らねば!!ですね。本当に早く終息してくれる事を祈ります。

 

さて!気を取り直して?笑

今回は、ボルトを使った4段シェルフをDIYしたいと思います♪
洗面所に置く棚をずーっと考えていて、アイアンにするかカラーアングルにするかパイプを使うかボルトにするか悩みに悩み、、、『寸切りボルト』に決定!!

ボルトの良いところは、なんもいっても価格が安い(๑• .̫ •๑) ✧
長ネジとか全ネジともいいますよ!

最近よく聞く「インダストリアル」ですが、工業的って意味だそうです。
打ちっぱなしコンクリートや、パイプ、今回使うボルトのような無機質な素材を取り入れるのが特徴のようですね。

デザインを考えて、材料費の確認の為にカインズに下見にいってきました♪( ´▽`)

そして、よく分からない用語があったので帰ってきてから調べてみました。
これを読んでから行けば、購入時に役立つと思いますので、是非一読ください。

1.寸切りボルト関連 用語

寸切りボルト

ユニクロ長ネジのユニクロって?

aio

ん?ユニクロって、UNI◯LO??

結果、、、ユニクロメッキである事が判明
ユニクロメッキとは、電気亜鉛メッキの上に、光沢クロメート処理を行ったもの。らしいですが、なんのこっちゃですね(°▽°)

簡単にメッキの種類と覚えておけばいいでしょう!
気になる方は、ねじナビ。に詳しく載っていましたのでどうぞ。

ちなみに、ステン長ネジもありました。カインズでは『長ネジ』表記になってました。
室内で使うし、安いユニクロで全然OK!


ピッチって?

ねじ山からねじ山までの長さ。

規格があるので、M12のボルトならM12 のナットを選べば大丈夫です。
ただ、並目ネジと細目ネジの規格は違うようですので、お気をつけを。

例 M12(並目)のピッチ →1.75mm
M12(細目)のピッチ →1.25mm


寸切りボルトの太さについて。

見に行くと分かると思いますが、太さも何種類かありますので、、その表記についても少し説明しておきましょう♪( ´▽`)

M◯ →メートルネジ(ミリネジ)。JIS規格。ねじ山の角度が60度。

例 M12→外径12mm

W◯/◯ →ウィットネジ。ねじ山の角度が55度。イギリス規格。インチ単位。

UNC◯/◯
UNF◯/◯ →ユニファイネジ。ねじ山の角度が60度。インチ単位。カインズでは見かけませんでした。

aio

ウィットネジやユニファイネジの様なインチ単位のものをインチネジとも言うよ♪

ナットの~種って?

ナットには、1種・2種・3種などの種類があります

1種 →日本で一般的に流通。片面が平らになっており、平らな方を取り付け物に対して接地させる施工する。
2種 →両面が平ら
3種 →厚みが薄く両面が平ら

aio

カインズには、3種何も記載なし(多分1種)がありました!3種が少し価格が高めでした。
これも、安い方で♪( ´▽`)ok!

2.ボルトラック 材料・費用

寸切りボルトが1000mmあったので、バランスを考え3段→4段に変更しました!
寸切りボルトの太さも棚の大きさを考え、存在感がある様に少し太めの『M12』に。
その分少し値段が上がってしまいました(;・∀・)

aio

でも、収納スペースがぐっと増えますよ♪
寸切りボルトを使った棚の作り方
・寸切りボルト M12×1000mm
➡︎278円×4本=1112 円
寸切りボルトを使った棚の作り方
・袋ナット M12 ➡75円×4個=300円
・六角ナット M12   ➡14円×18個=252円(カインズ)
・六角ナット M12   ➡13円×10個=130円(ダイシン)

aio

ダイシンの方が、1円安い!!
寸切りボルトを使った棚の作り方
・角座付きナット M12➡︎168円×4個=672円
寸切りボルトを使った棚の作り方
・1×6を810mmにcutしたもの8枚 ➡︎980円(2440mm)×3本=2940円
・cut代➡100円
合計 5506円
MEMO
・糸カスガイ  444円
・木工用ドリル 598円
※別途、かかった費用。

3.ボルトラック 作り方

作り方は以外と簡単なんです♪
1.板に穴を開ける
2.寸切りボルトを通す
ね(*⁰▿⁰*)写真付きで、詳しく説明していきますよ!

3-1.棚板の準備(省略可)

今回は丁度いい板が見つからなかったので、板と板を繋げて1枚にする事でコストを抑え、希望の奥行きに近づける事が出来ました。
寸切りボルトを使った棚の作り方
①ボンドでくっつけます。
寸切りボルトを使った棚の作り方
②動かない様にテープで止めておきます。
寸切りボルトを使った棚の作り方
③ボンドのみだと心配なので、(ボンドが乾いたら)糸カスガイを使って3箇所止めました。
寸切りボルトを使った棚の作り方
④表には左右の2箇所、裏面には真ん中1箇所の計3箇所しっかりと止めます。
MEMO
使った糸カスガイは、148円(4本入)×3=444円でした。

3-2.板に穴を開ける

次に寸切りボルトを通す穴を開けていきます。
寸切りボルトを使った棚の作り方
①穴径12mmの木工用ドリルを使います。
ちなみに、購入すると598円程。
カインズで板を購入したら、工房で無料で開けられるはずですよ!
寸切りボルトを使った棚の作り方
②穴を開ける位置は、2㎝角の位置を中心としました。
これは、お好みでいいと思います。
寸切りボルトを使った棚の作り方
③4か所あけていきます。
寸切りボルトを使った棚の作り方
④下に当て木をしないと、こんな事に(-“-)
4枚×4箇所で全16箇所穴をあけます。
MEMO
1番最初に穴をあけた板を基準にします。
2枚目からは、基準の板を上に重ねて穴を開けた方が、位置がずれずに開けられますよ!

3-3.板とボルトに色をつける(省略可)

今回はブライワックスのジャコビアンで着色しました!
ブライワックスはお好みの色に着色できる半固形の塗料です。
ワトコオイルよりにおいも少なく、私的には使いやすくて好きですね(*^^*)
寸切りボルトを使った棚の作り方
①ブライワックス・手袋・布を用意します。
寸切りボルトを使った棚の作り方
②お好みの色になるまで塗って、乾かします。
上が1回塗った状態、下が元の色です。

aio

この作業が一番好きです♡
寸切りボルトを使った棚の作り方
③ボルトに塗るとサビ感が出ていい感じになります!
幅の広い筆があると楽だと思います。
寸切りボルトを使った棚の作り方
④乾かす→塗ると繰り返すと、金属でもちゃんと塗れました~!
これで乾燥させれば、あとは組み立てるだけです。

3-4.組み立てる

板とボルト・ナットが乾いたら、いよいよ組み立てます。
大きいと一人だと少し難しいかもしれませんので、無理せず手伝ってもらってくださいね(*´ω`)

寸切りボルトを使った棚の作り方
①まず、一番下の板を取り付けます。
ボルトの平ら方を下向きにし、写真の位置に取り付けます。
位置は大体で大丈夫です。
寸切りボルトを使った棚の作り方
②一番下の板に写真のように、ボルトを刺します。
(廃材などを使って板を浮かせて固定させてる)

寸切りボルトを使った棚の作り方
③板を六角ナットの平らな面で挟み、角座付きナットで高さを調整します。
寸切りボルトを使った棚の作り方
④4箇所つけたら1段目の完成です。

寸切りボルトを使った棚の作り方
⑤場所を移して、作業しました。
あとはひたすら、ナット+板+ナットの順で板を固定していきます。
寸切りボルトを使った棚の作り方
⑥ナットを希望の位置までネジネジするのが、苦労しました(;’∀’)

4.ボルトラック (仮)完成♪

どーーん!!

寸切りボルトを使った棚の作り方

横810mm×高さ1000mm×奥行280mm

今まではIKEAで買ったベンチを置いて、その上にタオル類をごちゃっと置いていました。
なんとかしないとな~(;’∀’)と思いつつ、しばらく放置。

やれば、土日の2日で出来るのに、なかなか重い腰が上がらないアラフォーです。

幅30㎝位にこだわったのは、ラタンバスケットを置きたかったから!
欲しいラタンバスケットの奥行が26㎝だったので、どーしてもそれ以上の奥行にしたかったのです。

ラタンバスケットを購入して、タオルたちの場所を決めたら本当の完成なので、
とりあえず、(仮)完成って事でw

aio

最後までありがとうございました♪♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください